Child pages
  • 空気シャワー電波観測ワークショップ2014

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.

【開催日】  2014年01月11日(土) 13:00から

【場所】  甲南大学7号館 (http://www.konan-u.ac.jp/access/)

【Webページhttp://aplabConfluence.konan-u.ac.jp/x/BAAb

【テーマ】

最近のマイクロ波通信機器の普及に伴い、空気シャワーが発する電磁波の検出実験が進んでいます。国外ではAuger観測所でアンテナアレイを展開しているAERA計画や広域電波観測所を建設しているLOFAR計画などで実際に電波観測による宇宙線の観測が行われています。こういった状況のなかで、主に日本国内で電波検出実験を行っているグループが集まり現状と将来計画について議論します。

 

【連絡先】      tokonatu アット konan-u.ac.jp

【プログラム】      各講演15分 + 質疑応答15分

 13:00~15:00

      常定芳基(東工大):宇宙線観測の将来

      荻尾彰一(大市大) :空気シャワー電波的観測

      池田大輔(ICRR)   :エコー観測実験

       中村亨(高知大) :低周波観測

  15:00~15:15 休憩

  15:15~17:15

       大嶋晃敏(中部大):電波放射の原理検証について

       間瀬圭一(千葉大) :アスカリアン効果の応用

    大田泉(甲南大) :高周波観測

       山本常夏(甲南大) :広帯域測定計画

  17:15~17:30 休憩

  17:30~18:00 議論

 

  

    懇親会は岡本周辺で

 

 

物置